異業種からの参入で小さな飲食店をやってるけど何か質問ある?小さな飲食店主の経営幼稚園

これから飲食店を始めたい方や既に小さい飲食店のオーナーをされてる方に役立つかもしれない情報を書いていきます。

小さな飲食店で男女のトイレを分けるか分けないか

 - 飲食店オープン準備 ,

      2016/02/06

小さい飲食店を開業する時に、トイレをいくつ設置するか迷います。

僕は結局、スタッフとお客さん兼用で1つにしました。

やっぱりそこそこ不便だなと思います。

スポンサーリンク

客席にトイレが無ければならないという義務はない

僕の地域だけかもしれませんが、確か客席に必ずトイレを設置しなければダメというルールではなかったと記憶しています。

とは言っても複合施設でもない限り、トイレを設置しないと色々問題ですよね。

トイレを設置した場合、必ず洗面所も必要なんですね。
しかも厨房にそのまま入る事が無いように、厨房の外に必ず設置とかだったかな。

必ず出店する地域の保健所に確認してください。

理想は客席男女1つずつ

理想で言えば、やっぱりお客さん用に男女で分けてトイレは欲しいです。

というのも、男性客が入った後のトイレは必ずと言っていいほど「おこぼれ」があるからです。
※女性客は忘年会の時期でも綺麗に使ってくれます。

男性は立って用を足すように小さい頃から教育されているから仕方ないのですが、やっぱり便器からこぼしちゃうんですよ。

最悪の場合は便器の下の地面がビショビショになるぐらいこぼしています。

その状態でトイレに入らなければならない女性客の姿を想像してみてください。

「うわっ、なにこの店のトイレ・・・汚っ・・・」

って思われるとかいう以前に、可哀想じゃないですか??

以前僕の妻もどこかのトイレでゆったり目のパンツ(ズボン)を下した際に少し床に触れてしまって、ちょうどそこがビショビショになっていて、パンツを濡らして出てきた事があるのですが、僕はそれがすごく悲しかったんです。

もし、男女で分けないのであれば、スタッフが短いスパンで巡回に行けるような体制を作った方が無難だと思います。

必ず「流し忘れがないか」「床は濡れていないか」などチェック事項を設けて行うようにしましょう。

さらに理想を言えばスタッフ用も別個に一つ

さらに言うと、お客さんがつかうものとは別にスタッフ用のトイレがあるといいと思います。

お客さんは、出来るだけお店の人がトイレに行っている姿を見たくないものです。

例えば寿司屋の大将が

「お客さん、今僕ね、大便してきたんですよ。きちんと手を洗いましたんでね!何握りやしょ!!」

なんて言ってきた日には食欲が削がれるじゃないですか。
だから、飲食店のスタッフはこっそりトイレに行くべきなんです。

でもお客さんがたくさんいる日に限って営業中にトイレに行きたくなったりするんですよ。

そういうバッティングを避ける為にもスタッフ用にトイレがあるとベターです。

また、スタッフとお客さんは店を利用する用途が違うわけですから、トイレの使い方も違います。
そういう意味でも分けておいた方が無難です。

但し、小さい店でいくつもあると邪魔

客席が多ければ売上をあげやすいと思いがちですが、厨房が広い方が実は売上が上がりやすいとも言われています。
同様にトイレやバックヤードも実は重要なスペース。

ただし、トイレと言っても結構場所を取りますので、考慮が必要ですね。

おわりに

僕の友達(女性)は家パーティをした時に、トイレに「座ってしてね!」と貼り紙をしていました。

この一枚のおかげで、そこに集まった男性陣はみんな座りションをして、トイレの床を汚さずに済みましたw

でも、これは同じぐらいの価値観の友人が集まった会で、かつみんな顔見知りだから成り立ったようなものです。

飲食店はいろんな方が来ます。
貼り紙があっても無視する人もいれば、貼り紙がある事でイメージダウンに繋がる事もあるんです。

スマートに解決できる手段を模索しなければなりませんね。

追記

たまに女性でトイレットペーパーをすっごい汚く千切ったまま出ちゃう方がいるんですが、酔ってるとはいえなんだか幻滅ですw

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です