異業種からの参入で小さな飲食店をやってるけど何か質問ある?小さな飲食店主の経営幼稚園

これから飲食店を始めたい方や既に小さい飲食店のオーナーをされてる方に役立つかもしれない情報を書いていきます。

お客が来なくなったら、お客と店の気持ちがズレだしているという事かも

 - お客が来ない理由と解決案

      2016/02/06

たまたま目に入った記事で面白かったので紹介します。

マクドナルドの二の舞か? なぜだ! ユニクロが突然、売れなくなった | 現代ビジネス

経営者になると突然消費者の気持ちがわからなくなるという典型ですね。

あなたのお店はどうでしょうか。

スポンサーリンク

中途半端な店になっていないか

僕はユニクロの件に関しては、常日頃洋服を買いに行く時に感じていました。

今までは「ハーフパンツ買いたいけど、特にこだわりが無いから安いユニクロでいい」って思って、ユニクロに行っていたんです。

でも最近はファミリー向けのモールに入っているブランドとユニクロの価格差がない事に気づいてしまったんですね。

例えば、CoenとかGlobal workとか。

だったら、質に差があるのかもしれないけれど、その季節を楽しめるデザイン性の廉価ブランドで買い物をする方が買い物が楽しいわけです。

逆に、ポロシャツのようにシンプルなデザインのもので本当に質がいい物を求めるならユニクロじゃなくてそれなりのブランドショップに買いに行く方が優越感も満たせていいんですよ。

だから、いつのまにかユニクロが中途半端になっちゃってたんです。

本当に価格も質も安い服を買うなら、G.Uでいいわけですし。

見えていないから言い訳をする

お客目線で見ると、そういう実際の状態が見えるんですが、どうしてもやってる側は見えなくなっちゃうもんなんですよ。

そうすると言い訳をしだします。

今回の記事にも書いてありましたが、アパレル業界全体が「6月は気温が上がらず~」と、売れない言い訳をしています。

僕はアパレルに関してはわかりませんが、6月に気温が上がっていたらいつも以上に服を買いに行っていたかと言われたら「うーん」と疑問に思います。

実はこれ、飲食でも同じことが言えて、「飲まない人が増えた」だとか「外食が減った」だとか、業界全体が言い訳してるんです。

でも、よーーーーくまわりを見ればわかりますよ。

流行ってる店は流行ってます。
飲んでる人は飲んでます。

ただ、店を選んでるだけなんです。

自分にとってちょうどいい店、自分が行きたい店を。

自分がお客の立場になったらわかります。
中途半端な店になんて絶対に行きたくないってことが。

おわりに

経営側とお客との感覚のズレに関して、興味深い一文がありました。

「誰もがユニクロには『高品質で低価格』というイメージを抱いています。しかし、数年かけてアンケート調査を行ったところ、実は『品質がいいのに安い』のではなく『安いわりに品質が良い』と評価されていることが分かりました」

めっちゃ深くないですか、これw

「品質がいいのに安い」と「安いわりに品質が良い」は、一見同じように見えるけれど違うってことなんですね。

これ読んですごく納得しました。

ユニクロを利用していた層の大半は、「品質の良さ」よりも「安さ」にプライオリティを置いていたということではないでしょうか。

だから、安くなくなってしまった途端、品質が良い事が武器にならなかったというか。

価格を上げざるを得なかったのであれば、高価格かつ高品質の「新ブランド」を作る方がよかったのかもしれませんね。

あなたのお店に以前ほどお客さんが来なくなっていると感じた時には、あなたのお店が中途半端になっていないか、お客さんの気持ちとズレが生じていないかをチェックする必要があるということです。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です