異業種からの参入で小さな飲食店をやってるけど何か質問ある?小さな飲食店主の経営幼稚園

これから飲食店を始めたい方や既に小さい飲食店のオーナーをされてる方に役立つかもしれない情報を書いていきます。

マクドナルドに見る、間違ったマーケティングから小さな飲食店主が学ぶこと

 - 戦略・マーケティング ,

      2016/02/05

mac

僕は何度となくマクドナルドをやり玉に挙げて記事を書いていますが、
それだけ目につく企業という事ですね。

僕らみたいな小さい飲食店とはやっぱり規模も実力も違うわけです。

ただ、今回の昼マックの撤廃と、お手軽マック?おてごろ?は
ちょっと危険な気がしています。

もちろん大手さんですし、ちゃんとしたマーケティング(ストラテジー)部門があって、
そこで考えだされた結果にカサノバ先生が太鼓判を押して決定されているわけですから、
僕らみたいな小さい飲食店には通用しない戦略であると思います。

ですが、その時の会見の様子から学べることもあると思ったので書き記しておきます。

スポンサーリンク

ターゲットを見誤らない

真っ先に僕が気になったのは、
副社長さんが仰っていた「ターゲット層は全員」という言葉。

これは、小さい店のマーケティングを勉強している人なら
絶対の絶対に「やっちゃダメ」って言うと思います。

マクドナルドという規模の会社だからこそ考えられる戦略です。

僕はいくらマックと言えども、「ターゲット全員はありえないだろう」と思っちゃいますが、
どうなんでしょうね。あれだけ大きい会社なら叶えかねません。

※全員が全員欲しいものなんて、「酸素」ぐらいじゃないの?って思う。

お金があるからできる、両方の顧客獲得

マクドナルドの凄いところは、
ビッグアメリカシリーズのように、「少し値段は張るけど満足度が高いもの」のCMをやった直後に、
「あれもこれも100円!」みたいなCMを流すところです。

そして、それを洗脳させるだけのお金があるということ。
CMをバンバン流せるってのは強いです。

ただ僕だったら、こだわりの焼酎の店があったとして、
焼酎を飲んできて、ある程度知っている人が楽しく飲めるような環境だったとして、
そんなお店が「100円で焼酎を飲もう!」みたいなのをやって、
若い学生とかがガブガブやりに来てたら嫌だなーと思います。

フレッシュネスバーガーの栗原社長が言ってますが、
お店には”店の格”というものがあるわけです。

マクドナルドを使おうって人が、マクドナルド自体をどの格としてとらえているのか、
僕らのような店主は、そういったところに目を向けて行かなければなりません。

ターゲットの気持ちを見誤らない

ターゲットは全員なのはわかりました。

次に副社長さんが仰っていたのが
「もっとサービスやクリンリネスの質を上げる」
というような事でした。

僕はそれを見た時に、「それ、本当にお客さんが望んでること!?」って思いました。
要するに、現場レベルでちゃんと考えられてる?ってことです。

マックって既に綺麗だよね

マクドナルドのスタッフが働く理念として、QSC-Vというのがあるのは
飲食店を経営されている方なら全員ご存じだと思います。

これはよく言われるQSC(クオリティ・サービス・クリンリネス)にV(バリュー)を足したものです。

僕は正直、マクドナルドに関して言えば、
クオリティはマッククオリティとして満足していますし、
サービスも十分・・・むしろ素晴らしいと思っています。
(ただ、クオリティにも関わりますが、店舗によって調理が雑ですが・・)

クリンリネスも、普通に店舗は綺麗だと思ってます。
繁華街のマクドナルドのトイレとかは・・・まぁ仕方ないのかなとは思いますが。

お店に来る人はどんな想いで選んでいるのか

マクドナルドで言えば、ユーザーはそんな感じの気持ちじゃないでしょうか。
もっとサービスが良ければ、もっと行きたくなるのか?とか
もっと清潔だったら、もっと居たくなるのか?とか、あんまり考えられない気がしてます。

だって、マックをそんな理由では選ばないから。

マクドナルドは自分たちが何十年もかけて作り上げたイメージがあります。
それは、安くて早くて美味しいこと。
だから、便利だということ。

誰もそこに”高級感”なんて求めていないんですよね。
ただただ安全な食事を便利に楽しめればいいわけです。

そんなイメージを、無理矢理高級路線に持っていこうったって、
一度ついた印象はなかなか変えられないですよ。

世の中の意見ではなく、あなたのお店のお客さんを意識する

僕にはなんだかマクドナルドが、世の中の”良い物志向”に焦ってるように映ります。
(と言いつつ、なんだかまた安売り路線のような商品を出したり、よくわかんないw)

つまり何が言いたいかというと、
僕ら小さな飲食店主たちも、ターゲットが何を求めているのかを見誤らないということです。

「あなたのお店に来ているお客さんは何を求めていると思いますか?」

って聞くと、
「そりゃー安くて美味い事に越したことはないだろうね」
とか言う店主さんがいるんですけど、甘いです。あまあまです。

そりゃ、美味しいことは絶対に求めてますよ。
美味しくない料理にお金なんか払いたくないですから。
(たまにありますけどね!!!w)

でも、あなたのお店のお客さんが、本当に安い事を求めてるんでしょうか。
高くとも、あなたの料理が食べたい可能性はあるし、
高くとも、あなたのお店の雰囲気で食べたいのかもしれない。

はたまた、あなたに会いにいっているのかもしれないです。

それを、「お客さんが来ないのは、うちが安くないからだ!」なんて勝手に値下げしたら、
それまで高い金払って楽しんでたお客さんの気持ちを無視しすぎです。

きちんと、あなたのお店の価値を知らないと、
そういう事態になりかねません。

おわりに

今はインターネットという便利なものがあります。
飲食店主はみんな、絶対に「エゴサーチ」をしていますよね。
※エゴサーチは、自分のお店の名前で検索して、その評判などを見る事

これで出てくる意見を闇雲に信じてしまう人もいますが、
これは参考までにとどめておきましょうね。

普通に考えて、僕だったら、
本当に好きなお店の事は、あんまりネットとかに書かないんじゃないかなって思う。

というか、うちの店の常連さんたちは、ほとんど書いてないです。
信者級にファンになってくれた方だけがブログで毎回紹介してくれてるけど、
あとは出てくるサイトやブログ、ぜーんぶ知らない人。
つまり、顔なじみになるまで通ってくれてない人です。
常連、ファンについては「顧客階層を知って正しく集客」

あなたのお店にとって大切なお客さんって、
一度や二度の来店で、ブログにお店の事を紹介して満足しちゃう人ですか?
それとも、ブログに書いたり友達を連れてきたりはしないけれど、
毎週通ってくれるあの人ですか?

「ネット上に情報をまき散らす”知らない人”」よりも、
あなたの大切な人の言葉に耳を傾けてみましょう。

ただし、常連さんのいう事をなんでも聞いてたら店は潰れますのでw
常連さんが心の奥で、あなたのお店をどう思っているのかを探りましょう、ってことです。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です