異業種からの参入で小さな飲食店をやってるけど何か質問ある?小さな飲食店主の経営幼稚園

これから飲食店を始めたい方や既に小さい飲食店のオーナーをされてる方に役立つかもしれない情報を書いていきます。

突出し看板をカッティングシートで安価に作る

 - 飲食店経営のヒント , ,

      2015/11/14

飲食店に限らず、店舗は外の看板がかなり重要です。

道を歩いている人は、無意識に目を斜め上に向けて、店舗看板を見て
「あっ、そこに○○屋さんがある」
と思うわけです。

新規集客が思うようにうまくいっていないお店さんはこういう露出・・・アピールが出来ていない事が多いです。

美味しければお客さんは来る、という考えも好きですが、
広告・宣伝のようなお客さんへのアピールを蔑ろにしてはいけません。

突出し看板とは

突出しサインとも呼びますね。

3797d48ad700f179d9bfb9fc0752e5b2_s

このように「ここにこれがありますよ!」と直感的にわかりやすい看板です。

余談ですが、以前ラスベガスに旅行に行った時、有名な「WELCOME to Fabulous LAS VEGAS」という看板を観に行きたくて、タクシーの運ちゃんに

「I want to go “WELCOME LASVEGAS Board”!」

とか、Signという言葉が出て来なくてなかなかわかって貰えなかったという経験があります。

看板=サインです。たぶん。

僕はサインオンラインさんを利用させて頂いてます。

単色ならカッティングシートで自作も出来る

もし、突出しサインにすごいこだわりがあるのでなければ、ガワだけ買って、自分でデザインすることも簡単です。

僕は白地のサインボードに、黒いカッティングシートを切って貼って自作しました。

やり方は簡単で、

  1. デザインする
  2. パソコンでデザインした場合はプリントする
  3. カッティングシートの上にデザイン画を乗せ、鉛筆でなぞる
  4. 複写したデザイン通りにカッティングシートを切り抜く
  5. サインボードに貼る

これだけ。

僕の店の看板は文字だけのシンプルなものなので、すごく簡単にできました。

多少曲がったりズレたりしても、設置されている位置が目線よりもだいぶ高いので基本的にはバレませんw

おわりに

とはいえ、結局は突出しサインを売っている業者さんがどんなデザインでも完璧に印刷してくれたりするので、そっちのサービスを使った方が時間的に余裕も出来て良かったりします。

まぁ、DIYって楽しいからいいんですけどね。

あと、外に使う物だからカッティングシートもなるべく防水の物を選ぶと長持ちすると思います。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です